回収業者に依頼するメリットとは?不用品・廃品の処理方法

- 廃品回収の目的と業務内容

更新情報

廃品回収の目的と業務内容

廃品回収、不用品回収、家具や家電の引き取りなど要らない物を回収する業者は世の中に沢山あります。
でも、そもそも要らない物を回収している業者の目的は何なのか、それを今一度おさらいしてみましょう。

回収業者はゴミを捨てる業者ではない

廃品回収を担っている業者というのは、どこもリサイクルやリユースなどの方法で物を再利用するのが最終的な目的になります。
回収業者をただゴミを捨てる業者と思っている人は沢山居ますが、本当に廃品を捨てるだけの業者は多くありません。
そもそも業者にしたって廃品を処分するにしてもお金がかかるし、ただ引き取って捨てるだけなら自治体に対応してもらうだけで十分です。
また、業者の中には清掃(ハウスクリーニング)や家具の解体や引っ越し作業の手伝いをやっている所が多くあります。
この実態から分かる通り、廃品を回収する業者はゴミを捨てるというよりは、不用物で困っている人たちを助けるサービスと言った方が正しいです。
そして引っ越しの手伝いなどで回収したベッドやソファーなどの家具や家電を再利用する事でエコ活動に貢献し、本当に使えない物だけ処分する。
これがほぼ全ての業者に当てはまる業務内容で、本当に廃品を黙々と集めて捨てるだけの業者はほとんどありません。

業者が回収する主な廃品

廃品を扱う業者が良く回収するのはタイヤ、紙パックや新聞などの紙資源などです。
基本的に再利用の価値がある物が回収対象になる事が多く、スピーカーやアンプなども良く対象品になります。
数を挙げていけばキリが無いのですが、自分で再利用出来ると思う物なら大抵はソファー処分出来る物のはずです。
逆に回収出来ない物と言えば生ごみなどで、こういう利用価値のないゴミは当然回収はしてくれません。
また、家電リサイクル法に該当する物なども回収不可になる事があるので注意しましょう。


物を捨てるという概念を捨てよう

壊れた自転車、カバン、衣類、パソコン、どんな物でも再利用する価値がありますし、使える物を処分するのは勿体ないの一言に尽きます。
だから廃品が出たとしても、それには絶対に何かしらの価値があると認識しましょう。
捨てるという概念を捨てるだけで、廃品を無駄にせず処分する方法が色々と見えてくるはずです。
とにかく廃品回収する業者の最終目的はあくまでも再利用する事であり、放棄はどうしても処分出来ない物だけに限ります。
自分が捨てようと思っている物が廃品だとしても、業者はそれらをしっかり再利用してくれるでしょう。

Copyright(C)2015 回収業者に依頼するメリットとは?不用品・廃品の処理方法 All Rights Reserved.